ホルスタイン農場でチーズづくり ~ きた牛舎。北海道美深町は寒いけどあったかい寒暖差日本一のまち。

トップ

ようこそ 酪農郷 きた牛舎へ


北海道の牛舎から モォ~

こんにちは
チーズを製造・販売する「きた牛舎」きたぎゅうしゃを紹介するWebページです。

ホルスタインの牛乳で農場製「干し草のチーズ」を製造しています。
豊かなふるさとづくりのために、冷涼な亜寒帯気候の自然に由来する原料乳を
発酵技術を学びながら
「神からの贈りもの」と称される最良の食品、チーズに変えることに
日々励んでいます。

みんなの笑顔のために↓↓

酪農家(生産者)と道民(消費者)とをおいしいチーズで結びつけて
遅れて入ってきた乳文化を見つめなおし、チーズ食を道産子の習慣食にして
「真の意味の酪農王国北海道をつくりたい」それがわたしたちの夢です。

  ◎しまミルク加工所◎ 北海道中川郡美深町字川西50番地 メールinfo★kitagyusya.com
  ◎函館販売所◎ 北海道函館市桔梗4丁目19-27 FAX0138-46-7261

development-あゆみ-

先祖の入植から ようやく百年

明治期、北海道を縦貫する鉄路の延伸にあわせて、本州・東海地方の岐阜県や四国・阿波の国、徳島県から、極寒の北海道に開拓入植し命をつむいできた先人
先祖から受け継いできた仕事、酪農。
尊敬すべき父祖が築いた厳寒の大地にこだわり、北海道のみなさまに納得していただけるチーズ作りに取り組んでいます。

  • ご先祖やともに歩んだ牛たちに感謝しながらチーズを作ります。
    • 温かい生乳に、自然へのゆるぎない想いをこめて
    • チーズに、見守ってくださる皆さまへの感謝をこめて

わが家に牛がやって来た

  • 昭和31年、道北の美深町川西地区に父母が入植しました。
  • そこに貸付牛として、ホルスタインの素牛シマフエルサンゴ号が、本家からやって来ました。これが島牧場の乳牛第1号。
  • 縁の人びとの生活の糧となった彼女のミルク。
  • 以来、半世紀以上経った今も、彼女の後継乳牛たちのミルクが、北の厳しい自然のなかで暮らす人たちの命を育んでいます。

ただいま発酵、熟成中

  • 平成21年、ただいまおいしいチーズ作りに没頭しています。
  • 開発テーマは酸凝固によるチーズから、長期熟成のハード系チーズへ。


おいしいチーズの試食まで、もう少しの辛抱ですょ! 

チーズへの思い メールinfo★kitagyusya.comください。

(★を@に変えて、メールをお願いします)


&color(lime){&size(12){|t 443|y 0|t 1

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional